親の介護と変形性股関節症

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み シングルならではの不安や問題 それにむけての対策などを考えてみます。

母の入所を決意したきっかけ

とりあえず今は在宅介護からは解放されたので、こうしてその体験をブログに記録する余裕も多少はできましたが、介護している間は、まず介護が中心で、その合間を縫って家事をするのが精一杯。

自分のことなんてする余裕は全くなく、美容院にも3年位は行ってません。去年の4月に自分自身がインフルエンザにかかってしまった時にも、結局、昼間も夜も、ゆっくり寝て休むことはできませんでした。

親の介護をする前まで、私も兄もフリーで仕事をしていたので、親の介護に手がかかるにつれ、少しずつ仕事を減らしていき、ふと気づけば完全に介護離職という結果になっていました。

それでも一緒に住んでいるとやはり、ギリギリまでは自分たちが面倒をみてあげよう、施設に入れるなんてかわいそうでできない、家族一緒に暮らしていたい、という気持ちが強く、とくかく先のことなどまったく考えられなくなっていました。

母を介護施設にいれる決断をしたのは、昨年の父の入院があったから。

比較的元気だった父も介護が必要になれば、認知症の進んだ母を同時にはみられない、という不安が強くなりました。万が一、この先父になにかあったら、その間どこに母を預けていいか、わからなかったし。

それまでショートステイで受け入れてくれていた施設だって、急に頼んでも受け入れは不可能だったでしょう。

 

今日は約1年半のあいだレンタルしていた介護ベッドが、家から運び出されました。

家に来たときは、かなりのスペースを占領されて困惑もしましたが、今は父も母もいなくなった家から運び出されるそのベッドが、たくさんの思い出とともに遠くに行ってしまうようで、すごく淋しい気持ちになりました。

 

f:id:miyuyuchang:20200426140609j:plain

 

 

 

 


シングル介護ランキング