親の介護と変形性股関節症

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み シングルならではの不安や問題 それにむけての対策などを考えてみます。

股関節症のはじまり

私の場合 左の股関節の違和感や軽い痛みは、30歳頃から出始めました。

そこでとりあえず整形外科を受診しレントゲン検査をしたところ、先天性股関節脱臼が原因で、股関節に痛みを生じているようだ、というような話を聞きました。

 

先天性股関節脱臼 って?

私には生まれつき、なにか問題があったってこと??

今まで何の問題もなく、子供時代も普通に運動できていたのに???

 

なんとも受け入れがたい状況でしたが、たしかその時は湿布が出されただけで、「また痛みが続くようなら来てください」と言われ、その場限りで終わった気がします。

軽い痛みと違和感は、その後 半年程度は続いたものの、いつの間にか治っていました。

 

それから40歳になる頃までは、特に問題なく生活できていました。ヨガなども習っていたので、普通の人より身体は柔軟なほうでした。

しかし、40歳を少し過ぎたあたりから、また以前と同じ左の股関節に、違和感と強い痛みがでるようになってきました。

 

そこで、その頃には、股関節痛改善に向けた本などを買って読みあさり、股関節痛に効くという軽いストレッチをやってみたり、整体の治療院に通ってみたりしました。

その効果があってか、またしばらくの間は痛みもなくなり、筋力低下を予防するため、ウォーキングに励むこともしていました。

 

それから6~7年たった40代後半。旅行先で2万歩くらい歩いてしまい、その翌日からは、今までにない強い痛みが出はじめ、何日経っても治らない状態が続きました。

仕方なく、足を引きずりながら整形外科へ行き、鎮痛剤と塗り薬をもらい、しばらく通院することになりました。

 

ここから私の、変形性股関節症との本格的な戦いが始まりました。

f:id:miyuyuchang:20200116194733p:plain

miyuyuchang.hatenablog.com

 


股関節症・股関節脱臼ランキング