手術しない股関節症と親の介護ブログ

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み 歳を重ねて気づいてきたことなど

子供の頃の夢は歌手でした!

今週のお題「告白します」

 

物心ついたころから私はずっと 歌手になりたいと思っていました。

特にその想いを強く持っていたのは、小学6年生頃~中学1年生頃でしたね。

時代的には、スター誕生という歌手を目指す人のオーディション番組の全盛期で、そこからは山口百恵ピンクレディーなど、昭和を代表するたくさんの有名人が世に出ていました。

とにかく歌うことが好きだったので、レコードやカセットテープレコーダーをかけながら、毎日歌を歌っていました。

私と同じように歌手に憧れる友達もいたので、放課後には一緒に歌の練習をしたりしてました。

歌手になりたいという夢を持っていることは、友達はもちろん、家族もみな知っていて、「頑張ってね~」っという感じで、応援してくれていました。

 

f:id:miyuyuchang:20210221143926j:plain

 

中学生になった私は、スター誕生のオーディションを受けよう!と決意し、応募ハガキを出しました。

当日歌う曲目には、岩崎宏美の「想い出の樹の下で」と書いた記憶があります。

 

オーディションは、日曜日に有楽町で開催されることは知っていました。

うちからはかなり遠いけれど、母に頼めば一緒に行ってくれるだろうし、付き添いは都心部に住んでいる叔母さんにも頼めそうだな、と考えていました。

 

しばらくすると、オーディションの通知ハガキが届きました。

指定されていた日時はやはり日曜日だったのですが、その日は1年に1度位しかない、授業参観日で登校する日に当たっていました。

 

「どうしよう。。学校休もうか。。でもまたオーディションのチャンスはあるから今回はパスしようか?」

 

あれこれ悩みました。こういった場合、私は誰にも相談しないんですよ。

人に相談してどーなるものでもないことを、子供心にわかっていたのでしょうね。

学校だって休めなくはなかっただろうし、オーディションだって次のチャンスはいくらでもあったわけですから。

 

自分のことは、なんでも自分で決めないと気が済まない性格でした(~_~;)) 

 

結局私は、学校は休まず登校しました。

 

 

その後また、オーディションの応募をしたかといえば、答えはNO!

このことでなぜか、スター誕生に挑戦する気持ちが萎えてしまったのです。

 

それからは、歌手よりも、シンガーソングライターの方がいいなー、と思って曲作りを始めたり、バンドを組んでいくつかのオーディションには挑戦しましたが、結局夢を実現させるまでには至りませんでした。

 

f:id:miyuyuchang:20210221144436j:plain

 

でも、夢に向かって一生懸命頑張っていたことはすごく楽しかったし、あの頃の夢は叶わなくても、今は全く未練や無念な気持ちはありません。

 

とりあえず、どんなにくだらないことでも、今やりたいと思っていることに情熱を注いでおけば、過去を振り返ってもあまり後悔することはないのかも、と思いました。

 

ちなみに、スター誕生のオーディション通知のハガキは、記念に残してあるので、探せばまだどこかに残っているはず(*^_^*)

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村