手術しない股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

変形性股関節症でも手術はしないという選択

2009年の晩秋から左股関節にひどい痛みを生じ始め、一時期は激痛で一歩も歩けない時期や、杖歩行をしていた時期もありましたが、2021年現在、痛みはあるものの、杖なしで歩け、自転車にも乗れ、まずまず普通の日常生活は送れています。

それでも、変形性股関節症の進行レベルで確認すると「末期」に相当します。

脚長差があります。ある程度のスピードで歩けますが、休みなしで歩けるのは15分位が限界です。階段は、手すりなしでは無理です。立ち上がり時や歩き出しの第一歩は、かなりの痛みです。

(でも、痛いことにはだいぶ慣れてしまいました。。(◞‸◟)

 

私と同じように、変形性股関節症と折り合いをつけながら、頑張って生きている人は世の中にたくさんいることはわかります。

 

変形性股関節症を患っている人の数は、平成28年厚生労働省データによると、日本国内で症状のある患者数 1000万人 潜在患者数3000万人 となっています。

 

今現在私は整形外科にも整骨院にもかかっていないので、この潜在患者数にも入ってないはず。。これらの数にカウントされない私のような人もきっとたくさんいると思うので、この症状で苦しんでいる人は、実際にはもっと多いはずですよね。

 

f:id:miyuyuchang:20200116194733p:plain

 

変形性股関節症に関する情報検索は、今まで数えきれないほどしてきましたが、ほとんどが、人工股関節置換術など手術関連の情報が主流。

 

テレビでも、軽い初期症状の人向けには、ストレッチなどを用いた保存療法を紹介するものの、私のような末期症状の人向けには、骨切り術、人工股関節置換術といった、「あとはもう、手術しか道はないでしょう」的な、手術を勧めるようなものばかりで、少々うんざり(*´Д`)。。

 

私くらいの年齢(50代)で、私くらいの進行レベルであれば、ほとんどの人が手術の道を選んでいるように見受けられます。それは、人から聞いた話であったり、股関節症の人のブログを見たりネット検索したりして、実感したことです。

 

ただし、私は絶対に手術をしたくない!という頑固な思いでいるわけではありません。

 

変形性股関節症と診断された10年以上前、手術にするか、このまま保存でいくか、という選択肢を考えた時、手術によるリスクの方が私にとっては抵抗がある、と判断したので、保存の道を選び、今でも歩み続けているだけです。

 

保存の道を歩むリスクも当然ありました。手術せずに放置しておいたらどんどん悪化し、10年後くらいには車椅子生活になっているかもしれない、という恐怖心はありました。

 

でも10年以上たった今、治っているわけではありませんんが、あの頃より状態は安定し悪化しているとは思えません。

「あのとき、手術しなくてよかった」

これが今現在の私の率直な思いです。

 

だからといって、手術はよくない、と言いたいわけではありません。

 

f:id:miyuyuchang:20200116195111p:plain

かなり痛みがひどかった状態から10年経っても、こうしてある程度元気で暮らしていられる人もいるということを、記録し伝えておきたいと思う気持ちが強いです。

 

変形性股関節症の人の個人的な記録というのは、極端に少ないのが現状です。さらに、手術せずにこの症状と付き合っている人の記録は、さらに少ないです。

 

今までのこと、そしてこれからの私の股関節の状態を、自分のため、そしていつか誰かの役に立つことも信じて、少しずつ記録し続けていければと思っています。

 

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村