手術しない股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

激しい痛みに襲われる 股関節症4年目

股関節症4年目 2013年前半の記録です。 

 

この年の5月頃から、激痛といえる位の激しい痛みを感じるようになってきました。

股関節のかみ合わせの悪さによる、グキッとした激しい痛みが、脚を踏み出すたびにグキグキ襲いかかります。

 

その痛みは、目から火花が散るような痛みなので、痛い方の脚を踏み出す瞬間は、まさに地雷を踏むくらいの恐怖で、怖くて最初の一歩がなかなか踏み出せません。

 

横になっても痛くて、寝返りを打つのも必死で、十分に睡眠がとれない日も増えました。椅子に座っているのが、一番ましな体勢でした。

 

それまでにも感じていた痛みが、さらにグレードアップした感じです。

この頃の痛みこそ、痛みレベル最強の10を感じていました。

 

4月の段階では、一万歩以上歩いたという記録もあり、春頃までは痛みレベル3程度で、調子がいい時もあったのです。

 


この年はまだ、整骨院にも通っていました。

 

f:id:miyuyuchang:20210611143830j:plain

 

整骨院で施術してもらうと、その直後はほとんど痛みを感じないレベルになっているのに、その帰りに、買い物をして店内を少し歩き始めると、また股関節が不安定になって、痛みがすぐに出始めました。

 

お風呂に入るのも、必死でした。

立ったままシャワーだけで済ませることも多くなりましたが、それでも多少腰を曲げたりする姿勢をする必要もあり、それが痛く、立っていることもかなり辛いものでした。

 

介護用の踏み台を使い、なんとかバスタブに浸かって身体を温めると、硬直していた筋肉が緩み、痛みは緩和されました。でも、しばらくするとまた、激しい痛みが復活します。

 

そろそろ杖が必要なのかな、と考えだした頃でした。

 

ここでちょっと今までの記録を振り返ってみると、この年から急激に悪化したのは何が原因なのかな?と私なりに今でも分析しています。

 

そこで考えられることは、親の介護が大変になってきたことにより、身体的、精神的な負担が増し、変形性股関節症の進行が加速したのではないかなと。

 

この時の、股関節がガクガクするような不安定で強烈な痛みは、その後整骨院に通うのをやめてからは落ち着いてきました。

 

とはいえ、整骨院の治療が悪かったというわけではなく、整骨院では一時的に硬直した筋肉を緩ませてくれ、一時的に歪みを矯正してくれるまでが精一杯だったと思うのです。

 

整骨院でやってもらえたのは、あくまでも一時的な緩和のみでした。

 

そこから、できる範囲で自ら、衰えた筋力を復活させていくことができたら、あんなにひどい痛みに襲われることはなかったように思うのです。

 

でもあの時の私は、自分の力でなにをどうしていいかわかりませんでした。

 

親の介護も日に日に大変になり、自分の身体をケアする時間を取ろうとする、心の余裕は失っていました。

 

今現在は、整骨院には通っていないし、思うようなケアもトレーニングもまだできてはいませんが、激痛に襲われることは、ほぼ起こりません。

 

それは、股関節周りの筋肉を一気にほぐすようなことは、避けていますし、自分にとっての身体の使い方が、ある程度わかってきたからだと思います。

 

それでも、季節の変わり目などで急に気温が上がり、硬直していた筋肉がゆるんだ感じになった日には、関節がグラグラ不安定になり変な痛みが出ることもあります。

 

たぶん、長年に渡って硬直した筋肉は時間をかけて徐々にゆるませ、そのゆるみ具合に見合った筋力を少しずつ付けていくことが、今の自分にとっては、安定した股関節に向かう道ではないかと考えています。

 

試したいことはいろいろ浮かんでいるので、じっくりゆっくり取り組んでいこうと思っています。

 

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村