手術しない股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

初めてのデイサービス 2014年5月

認知症になった母の介護5年目 2014年5月の記録

 

5/1 あさってからデイサービスを依頼している施設のセンター長さんが、ケアマネさんと共に午後からわが家へ訪問。

 

契約書などの説明を受け、多数の書類を預かりました。

 

母も一緒に話を聞いたのですが、何についての会合なのかは、わかってはいませんでしたね。

 

それでも、ケアマネさんやセンター長さんが母に向けてもいろいろ話して下さり、その都度母も、適当に返事したり調子よく相槌を打ったりしていました(笑)

 

この当時の母は、耳が遠くなければもう少し状況は理解できたかもしれません。

 

この日も私に対しては、「お茶菓子とかあったでしょ?」「もっとなにか出したら」と指示を出し、来訪者に対しては「お茶、飲んでくださいよ」「疲れたでしょう」「ご苦労様です」といったような、気配り発言はできていました。

 

おもてなし好きだった母にしてみれば、お客さんが来ているのにお茶しか出さない私の対応が、気になって仕方なかったのかもしれません。

 

 

5/2 明日からデイサービスに持って行く着替えの下着や、リハビリパンツなど準備する。日帰りではあるものの、服など汚すことも想定して、替えの服や下着も一式預けておいて欲しいと依頼されました。

 

昨日渡されたたくさんの契約書類にサインと捺印し、明日渡せるように準備する。

 

さあ、明日は初めてのデイサービス!

 

無事に行ってこられるのか? 行った先でトラブルを起こさないか?

 

そもそも行くことをごねられたら❔。。。(-"-)

 

この時点での私は、日帰りのデイサービスに母を預けるだけでも、母がかわいそうで仕方ありませんでした。

 

たぶん本人が状況を理解して、行くことを了承していれば、もう少し気は軽かったと思うのですが。

 

とにかく私は心配で心配で、前の晩はよく眠れませんでした。

 

 

5/3  午前9時頃、センター長さんがお迎えに来ました。

 

促されるままに送迎の車におとなしく乗せられる母。

 

見送りに出ている私と兄は、なんとなく泣きたい気持ちをぐっと抑えつつ、

 

「いってらっしゃい!」

 

と、大きな声で手を振ったら、

 

母は満面の笑顔で手を振って出かけていきました。

 

f:id:miyuyuchang:20210717183340j:plain

 

 

行くことをごねられなかったにしても、もっと不安そうな顔をして出かけるものかと思っていたら、予想は大きくはずれ、ご機嫌で出かけてくれました!

 

 

ふぅぅぅ。。よかった~~~(*´ω`*)。。。

 

 

母が家にいない日常なんて、私にとってはこの日、ほぼ初めての経験だったかもしれない。

 

母がいない時にしかできないことはたくさんありましたが、私はこの日は家にいて衣替えを、兄は買い物に出かけていました。

 

つかの間の解放感は得られましたが、母が無事に帰ってくるまでは、解放感より不安感の方が大きく、ほっと一息つける感じではなかったですね。

 

午後5時15分頃 母は送迎の車に乗せられ無事に帰宅。

 

初日ということもあり、多少落ち着かない様子もあったようですが、お風呂にも入り、食事もできたとのことでした。

 

初めてのデイサービス。

 

長い在宅介護生活の中でも、このときのことは、忘れがたい思い出のひとつになっています。

 

 

 


認知症ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村