手術しない変形性股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

へたしりこむと立てなくなる母に手を焼く

在宅介護5年目 2014年10月~11月頃の母のことを記しておきます。

 

10月27日 この日は昼頃、母は兄に付き添われ、タクシーで1分ほどの距離にある整形外科から帰ってきました。

 

この当時母は月に一度、骨粗しょう症の薬をもらいに、定期的に受診していました。

 

最初の頃は歩いて通えていたのですが、次第にたった5分の距離も歩けなくなり、タクシーで通うことに。

 

そして、この日タクシーからは降ろせたものの、きちんと立つことができずに、そのまま地面にへたりこんでしまいました。

 

このパターン。家の中でも何度も経験していて、立たせるまでに最長2時間位かかったこともあります。

 

兄と二人で脇を抱えて立たせようとすると、痛い痛い!といって嫌がり、一向に立とうとする気はありません。

 

家の中から歩行器を持ってきて、それにつかまって自分で立ってもらおうと促しても、全く力が入らないような素振りを見せて、立ち上がれません。

 

 

この頃の母は、本人に立つ気持ちさえあれば、なにかにつかまってスッと立てるのです。

 

でも、本人に立ち上がろうとする意思が出ないと、立てないのです。

 

母だって、いつまでも地べたにへたり込んでなんていたくないはずなのに。

 

なんで素直に立ってくれないのよ~!!

 

と、私も兄も焦りと疲れで泣きたい気持ちでした。

 

そこへ、近所の知り合いの女性が通りかかり、

 

「手伝いましょうか」

 

と声をかけて下さいました。

 

その方は施設で働いていた経験もある方で、母とも顔見知りです。

 

でも、そのときの母は、もう覚えてはいなかったようですが。

 

その方が「立てますか~」と優しく促すと、そんなに力を入れることもなく、母はすんなり立てたのです。

 

それをみた私達が「すごいですねー!」と驚くと、その方は、「家族に対しては甘えが出ちゃうからね。こういうときは、他人の方がいいのかも」と言っていました。

 

でも、それだけではない気もしました。

 

やっぱり介助する側の感情の苛立ちがあると、拒否されちゃうんだな。

 

それはわかってはいたのですが、余裕がないと優しさは続かない。。。

 

11月10日の私の日記に、母の意味深な寝言が記してありました。

 

お母さんに大丈夫?・・って。

 

優しくしてくれるの。

 

わかった?

 

途切れ途切れに、そんなことを言ってました。

 

母は常に優しさを求めていたんだろうな。

 

デイサービスでは、「大丈夫?」なんて優しく声掛けしてもらえて、嬉しかったこともあったんじゃないかな。

 

私は母の介護中、どれだけ優しくできただろうか?

 

自覚できるのは、優しさより厳しさの方を多く見せていたような気がする。

 

私達母娘はわりと感情的なタイプなので、母が認知症になる前はちょっとした口喧嘩はよくしていたけれど、思い起こせば私は、母から厳しく怒られたことはない気がする。

 

勉強しなさい!とか、早くしなさいとか、できないことを責められたことなんて一度もなかった。

 

改めて気づいたけれど、優しい母だったんだな。

 

もし私に子供がいたとしたら、私は厳しい母親になっていたかもしれない、なんて、ふと思ってしまった。

 


認知症ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

テレビの情報番組はどこまで信じていいものか?

お題「気になる番組」

 

私は、健康に関するテレビの情報番組はわりと気にして観るほうです。

 

ここ数年で医学も急速に進んでいるようで、癌に関しても近い将来撲滅できるようになるとか、最近の抗がん剤治療は昔に比べて、副作用はだいぶなくなった、といった情報も先日テレビで観て、癌に対する不安感も軽減される気がしました。

 

癌では死なない、認知症も治せる、そんな時代も、そんなに遠くない未来にやってくるんだろーなあ、という希望も見えてくる気がします。

 

 

先日は、NHKで「チョイス@病気になったとき」という健康情報番組で、変形性股関節症をテーマにしたものを放送していました。

 

ただ私は、自分に関連した変形性股関節症をテーマにした情報番組に対しては、ついつい厳しい目で見てしまうせいか、納得いかない想いが残ってしまうのです。

 

それはなぜかと言えば、手術を選択した人にしても、運動療法によって手術はしなかった人にしても、それがすべてうまくいって、「今現在は、こんなに元気で過ごせてますよ!」という、完璧な成功例しか紹介されていないからです。

 

世の中には、手術をしてからも良くならなかった人、というのも存在しているようですし、人工股関節を入れたことによる感染症や脱臼のリスクといった現実も、私は具体的に知りたいと思うのです。

 

運動療法でうまくいった人がいたなら、うまくいくまでの苦心した過程がもっと知りたい。

 

最初から、難なく運動を取り入れていける人ばかりじゃないと思うのですね。

 

だって、私自身もそうですが、運動療法でもっと改善させていこうという気持ちはあっても、思うように運動を日課にできる根気が続かない。。。

 

でも、そこをなんとか工夫して、楽しみながらとか、計画を立てながら、とか、失敗してもそれを活かすヒントにして、とか。

 

紆余曲折ありつつも、今現在も完璧な状態ではないけれど、なんとか希望は捨てずに頑張れてますよ~!といった人のことを知りたい。

 

ま。それが今の自分であるわけなんですが(^_^;)

 

完璧な成功例だけ見せられると、それがすべてと思ってしまい、いざ自分がその状況に身を置いた時に、「こんなはずではなかったのに・・」という絶望感を感じることだってありそうな気がします。

 

リスクとか苦労しがちな点、といったマイナス要素に関しても、もう少し示してくれた方が信頼できるし、事前にそれなりの覚悟もできると私は思うんですけどね。

 

この話の流れで思ったのですが、不用品の売り買いをテーマにした、メルカリなどを紹介する番組に関しても、ある程度自分が経験しているからこそ、ちょっと厳しい目で観てしまいます。

 

番組としては高額で売れた情報を中心に流して、「さあ!みなさんも不用品を売って得しましょう!」といった、視聴者の気持ちを煽る意図があるのでしょうけれど。

 

現実的にはそんなに簡単に稼げるものではないですし、売上金額の中からはかなりの送料やら手数料など差し引かれるものもあるわけです。

 

しかし、「この金額で売れました!」と、番組内で堂々と表示されているので、そのすべてが手取り金額だと勘違いする人も多いのではと、いつも気になります。

 

う~ん🤔でも、そんな細かいことをいちいち考慮していたら、番組として成立しないのかもしれないけど。。

 

だけどやっぱり、どんなに信頼できるところからの情報であったとしても、日々のニュースも含め、あらゆる情報は、そのまま鵜吞みにはしない、ということを、近頃では意識するようにしています。

 

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

股関節が悪いので転倒には気を付けないと

2016年 変形性股関節症発症から7年目の記録をもとに、書いてみたいと思います。

 

私は股関節が悪いわりには、転んだりつまずいたりといったことは、今のところほとんどありません。

 

ただ2016年11月に、お店の外階段3段くらいあるところを上った際、軽く転んでしまったことはあります。

 

靴も片方脱げてしまい、すぐに立ち上がれないでいたら近くにいた人に

 

「大丈夫ですかっ?」

 

と、心配して声をかけられ恥ずかしかった。。(/ω\)

 

 

立ち上がっても痛みもケガもなく大したことはなかったのですが、股関節が悪くなってから転ぶことなど初めてだったので、ショックと不安は大きかった。

 

これからちょくちょくこんなことが起こったら、どうしよう。。という不安は膨らみましたが、今現在も含め、その後は転ぶようなことも、つまずくようなことはありません。

 

むしろ、脚にはなんの問題もない兄や友達のほうが、段差もないところでつまずいたりすることもあるので、「なぜ ❔」と思いますが(^_^;)

 

脚が悪いというと、お年寄りによくありがちなすり足で歩きつまずきやすい、というイメージを持たれるかもしれませんが、今の私の股関節の状態ではすり足でゆっくり歩く方がむしろ辛いので、痛い方の脚を振り上げ勢いで歩くほうがまだましなのです。

 

股関節が悪くてもまだ杖を突かずに歩いている人の中には、私と同じような歩き方の人は多いように見受けられます。けっこう歩くスピードも早いんですよ。

 

これからもっと歳を取って転倒してしまったら、それこそ早期に車椅子生活になってしまうかもしれないので、かなり気を付けています。

 

自転車にも乗っていますが、狭い道はなるべく通らず、どうしても通る時には自転車を押して歩いています。

 

股関節が悪くなる以前のことですが、自転車に乗ろうとした瞬間、強風にあおられ道路わきの植え込みに自転車ごとひっくり返ったことがあります。

 

植え込みがクッションとなりケガはしなかったのですが、

 

「だ・・大丈夫ですか?」

 

と、犬を連れた高齢の女性が近寄ってきました。

 

「大丈夫です」と言いつつも、植え込みにハマってなかなか立ち上がれずにいたら、

 

「どうしましょう。私には助けられないわ。どうしましょう。」

 

と、その高齢女性は慌てはじめたので、

 

私も必死で植え込みから自力で脱出しました。

 

あの時は、自分のことよりその高齢女性が慌て始めたことに焦りを感じ、私も慌ててしまいました。

 

今思い出すと笑えます😅

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

腹部大動脈瘤の破裂を未然に防げた父

2019年11月に亡くなった父ですが、2012年10月(当時88歳)には腹部大動脈瘤の手術を受けています。

あれからちょうど10年経ちました。

 

腹部大動脈瘤とはお腹のところにある大動脈が 通常の太さの1.5倍以上に膨らんでしまった状態です。正常な人だと2㎝位のところ、父の場合にはなんと!3倍以上の6.5㎝にまで膨らんでいて、いつ破裂してもおかしくない危険状態にありました。

 

そもそもなぜそんなに大きくなるまで発見されなかったのかといえば、この症状は多くの場合、自覚症状は出にくく、お腹の部分の異常は感じにくく、健康診断でも見過ごされてしまうことが多いようなのです。

 

それでも、かかりつけのドクターが微妙な異変に気づいて下さり、念のため大きな病院で検査を!とのことで、紹介状を書いて下さいました。

 

この当時、父は問題のお腹部分ではなく 背中寄りの腰の痛みに悩まされ、整形外科に通い始めていました。

 

それでも一向に痛みは治まらず、日々痛みは悪化していき、夜間も痛みで唸っている父を放っておくことはできず、何度も起きてマッサージ(*´Д`)。。

 

あとで気づいたのですが、これは腹部の血管のコブの圧迫により、背中側に痛みが生じていたものでした。いつ破裂するかわからない状態の風船爆弾を抱えたような父の背中や腰を、けっこう力を込めて押したりもしていたので、知らなかったとはいえ、今考えると恐ろしいことをしていたと思います。

 

大きな病院で検査を受けたその日。即入院という流れにはなりませんでした。

 

そこから5日後の入院ということになったのですが、その間に破裂の危険は十分に考えられるので、担当のドクターは

 

「このまま帰してしまうのは、正直言えばかなり心配」

 

というような不吉なことを言ってました。

 

動脈瘤破裂ともなれば、緊急手術を施したとしても助かる確率は低く、父はその時点ですでに88歳でしたから、助かる確率は限りなくゼロに近かったはず。

 

手術は開腹手術になるかもしれないとのことでしたが、ステントグラフトという人工血管を太ももの付け根から動脈に挿入する手術でやっていただけました。

 

 

ステントグラフト手術であれば、太ももの付け根を4~5㎝程度切られただけなので、その後の傷跡もほとんど気にならない感じでした。

 

10日ほどで退院でき、全身麻酔の大きな手術であったにも関わらず、術後も95歳になるまでの7年間、生きられることができたのは、運も良かったし父も頑張ってくれたなとつくづく思います。

 

 

この手術をきっかけに、父との心の距離は急速に縮まった気がします。

👇

miyuyuchang.hatenablog.com

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

にほんブログ村

親の介護に不慣れな息子や娘が気になる

両親の介護を卒業した今、ついつい目にとめてしまうのは、娘や息子に介護されている高齢の親達の姿です。

 

先日も、月に一度の内科受診に行った先のクリニックで、40代位の息子が付き添ってきていた80代位のお母さんを見かけました。

 

その日は、市の健康診断を受けるために来たようなのですが、どうやら申込書を持ってこなかった模様。

 

「市の方から、A4サイズ位の封筒届いていませんでしか?」

 

看護師さんに訊かれると、息子さんの方がお母さんに

 

「そんなのきてた?」と、全く知らない様子。

 

するとお母さんのほうは、

 

「そういえばなにか来てたけど、よく見てこなかったわ」と。

 

お母さんのほうは認知症ではないようでしたが、杖を持っていたし、かなり痩せて弱々しい感じに見えたので、役所から届いた書類などを任せっきりにしておくのは、無理があるんじゃないかな、と思えました。

 

診察室で待つ間も、息子さんは母親とは離れたところでずっとスマホをいじってました。

 

結局、正式な申込書がないとその日、健診は受けられなかったようですが、通常の診察はあるようで診察室には呼ばれました。

 

名前を呼ばれると、その高齢のお母さんはひとりでよろよろと椅子から立ち上がり、杖を突いてゆっくりゆっくり診察室に向かっていきました。

 

息子さんは、傍について手を貸す様子もなく、ちょっと距離を置いて母親の後についています。

 

診察室にもお母さんひとりで入ってもらうつもりだったのか、距離を置いて立っていたら、看護師さんに「息子さんもどうぞ」と促され、診察室に入っていきました。

 

その息子さん、親の付き添い初めてだったのかもしれない。

 

介護すら、まだ始めてないのかもしれないな、と思った。

 

 

介護のベテラン気取りでその息子さんにダメ出しするつもりは全くないのですが、親の介護を始めた頃の自分をちょっと思い出して、切なくなりました。

 

介護ビギナーの人で親に対し必要以上に手を貸したりしないのは、どうしていいのかわからない、というのはもちろんあると思います。

 

ただ、うちの親はまだ介助なんて必要ない、しっかりしてるんだ、という気持ちもあるんじゃないのかな。。と思います。

 

母がまだ介助なしで歩けた頃でさえも、通院先での看護師さん達は母の手を引いてくれました。

 

その様子を見て娘の私は、ありがたいと思うより、介助されたことにより弱々しく見えてしまう母の姿に、複雑な思いを生じさせていた時期もありました。

 

私の母はまだしっかりしてるよ!という想いに、しがみつきたい自分がいました。

 

その息子さんに連れられて来ていた高齢のお母さんは、先日亡くなった私の母にちょっと似ていたのです。

 

なので、その人が呼ばれて診察室に入る様子も、食い入るようにずっと見つめていたせいか、自分が会計のほうで呼ばれていることなど全く気づきませんでした。

 

はっと、気づくと受付の方がわざわざ私の所にまで来て下さり、必要な書類を渡してくれました。

 

こんなことは始めです。

 

親の介護をしている人達のことを、我を忘れてこんなにも見入ってしまう自分に驚いています。

 

介護の大変さは、もうこりごりと思えるほどわかっているにも関わらず、まだ介護をしてあげられる親がいる人達のことが、羨ましくて仕方ないんだ。。。

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

ついに還暦を迎え気持ちは複雑です。

タイトルからもお分かりの通り、私はこの夏、ついに還暦を迎えました。

 

年齢など気にしないで生きようとは思っているものの、やはり慣れ親しんだ50代から未知の60代という世界に入っていくには、抵抗感を含んだ緊張感があります。

 

60代か~。60代と言えば、もはや高齢者の仲間入りだよな~なんて思いも、正直言って拭い去れない部分はあるものの、

 

自分が子供の頃とか若者時代に見ていた60代と、今の時代の60代とはずいぶん印象が違う。

 

たしかにどの年代を見ても、時代とともに若々しくなってきてます。

 

60代という未知のエリアを一歩踏み出し、これから自分はどうなっていくんだろう❔

 

いやいや待てよ。どうなっていくんだろう❔なんて、成り行き任せにしてていいんだろーか、とすぐに思い直した。

 

年齢にあらがうことなく自然のままに、というのは理想だけれど、私の場合かなり意識して自分を保っていないと、どんどん朽ち果てていく自信あり!'笑'

 

変形性股関節症との付き合いにおいても、成り行き任せ、人任せにしていたら、今の安定状態は保てなかった気がするし。

 

問題点を見つけ長年にかけて辛抱強く調整していくといったやり方を、老化の部分にも適応させて試みると、老化によるダメージを遅らせることができるような期待感がある。

 

 

だけど、こういった意欲的な発言に対しては、

 

「歳とってまで無理してそんな面倒なことするなんて信じられない」と言う人も存在するのは当然だと思っています。

 

ただし、私自身は無理してる気はしないし、面倒だとも思えないし、むしろ変化していく可能性を信じたワクワク感があるのです。

 

そーいえば!私が変形性股関節症になる以前、毎晩一時間近くヨガをやっていたのですが、その様子を見るたび母は、

「毎晩そんな大変なことしないと生きていけないなんて、かわいそうだね~」

なんてよく言ってましたっけ。

 

私がダイエットしてたときも、

「そんな我慢しないで食べたいもの食べればいいのに」

なんてよく言われました。

 

母とは健康や美容に対する価値観はずいぶん違いましたね(^^;)

 

それでも母は肌がきれいで若く見られてたし、96歳まで生きられたわけですから、美容や健康に気を使っても使わなくても、関係ないのかもしれない。

 

要は、自分がどう生きたいか、なのかな。

 

魔女の宅急便」の作者であり、児童文学者の角野栄子さんは、これからの私が目指したい人生の先輩のおひとりです。

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ロンググッドバイ認知症の母との数々の別れ

少しずつ記憶を失って、ゆっくりゆっくり時間をかけて遠ざかっていくことから、アメリカでは認知症のことをロンググッドバイ(長いお別れ)と呼ぶこともあるようですね。

 

スローグッドバイなどと表現していたのも聞いたことがあり、認知症の母と長い年月をかけてお別れした今の私には、心から納得する表現だと感じています。

 

世の中には母親との縁が濃い人もいれば薄い人もいる。

母親のことを大好きな人もいれば、なんらかのワケがあって好きになれない人もいる。

 

そう。母親との関係は人それぞれ。

 

私は子供の頃から母のことは宇宙で一番大好きで、母が死んでしまったら私も生きていけないとずっと思っていた。

 

「いつの日か母が死んでしまったら」

 

まだ母が認知症にもならず元気なうちから、そんな考えが頭をよぎると悲しくなって、泣いていたこともありました。

 

 

実際にはどうだったかと言えば、いま私は母の死をとても穏やかな温かい気持ちで受け入れています。

 

このように落ち着いた自分は、介護をする以前の自分からは想像できない気もします。

 

もしも母が認知症にならずに、元気で頭もしっかりしていて、家で一緒に暮らしている間に突然亡くなってしまったら、どうだったろう?

 

たぶん、こんなに穏やかな気持ちで母の死を受け止めることはできなかった気がします。

 

認知症の母とは、死という最後のお別れへと到達するまでには、長年に渡りいくつかの小さい別れがたくさんありました。

 

その中でも大きなお別れのひとつには、母が私のことを忘れてしまったお別れがあります。

 

 

ある日を境に完全に忘れてしまったわけではなく、私のことを誰だかわかる日もあればわからない日もある、というまだら記憶状態はある程度続きました。

 

最愛の親から娘である自分のことを忘れられるというのは、言い様のない悲しみですが、徐々に時間をかけて忘れていくという時間の流れが、私にそれを受け入れる心の準備をさせてくれました。

 

そして、介護施設に入る時も、忘れられない大きなお別れでした。

 

その他にも、今まで母ができたことができなくなるのを見るたび、そこには小さなお別れが無数に存在していました。

 

いま思うと、その数々のお別れの体験という訓練があってこそ、最期のお別れを穏やかに受け入れる強さが養われたのかな、と思えるのです。

 


認知症ランキング  

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村