手術しない股関節症と親の介護ブログ

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み 歳を重ねて気づいてきたことなど

記憶はいつしかセピア色に変わる

今週のお題「感謝したいこと」

 

父の一周忌は無事に終わりました。

父のお墓の前まで来たら、ちょうどタイミングよく 墓石のところに赤とんぼが飛んできて止まりました。

 

あ!これはきっと父が乗ってきたに違いない!と思いましたね。

 

傍にいたご住職に、

「こういうのに霊は乗ってくるって言いますよねっ?」

と やや興奮気味にお聞きしたら、

「そうですね。」

と、穏やかに微笑んでくれました。

 

東京といえど自然豊かな郊外に住んではいるものの、私にとっては、赤とんぼなんて目にしたのは、最後がいつだったか思い出せないくらいに遠い昔。

普通のとんぼですら、最後にいつ見たかなんて思い出せないか。。。

 

お寺はうちと同じ市内にありますが、さらに自然豊かなエリアなので、赤とんぼ以外に、様々な小動物なども わりと頻繁に見られるようでした。

 

命日の夜には、父の病院に面会に行った時に撮った動画を観たり、その頃の日記をじっくり読み返したりしてみました。

 

じっくり思い出せば思い出すたび、悲しみはこみ上げてきます。

でも、以前のように、過呼吸になるほどの 嗚咽するような激しい悲しみの感情が湧いてくることはありませんでした。

 

なにかもっと違う、温かい感情が生まれていました。

 

一年経ち 父との思い出が、記憶の層の深いところに ゆっくり沈んでいってるような感覚を覚え、寂しいという気持ちもあります。

 

f:id:miyuyuchang:20201124160535j:plain

でも、いつまでも父の死をリアルな記憶として残していくことはできないだろうし、そんなことができたとしたら、人は前に向かって進めないのかもしれない。

 

絶望するしかないような悲しみが訪れても、人はいつしかその悲しみからは癒され解放されていくように、自然界は仕組まれているのかなぁ、と感じました。

 

自分自身、特に無理して頑張って乗り越えた気はしないのです。

自分を追い込もうとしたけど できなかった。

今考えると それが良かったのかも。

 

時間の経過による力って すごいな!と思います。

古い昭和歌謡の一節に

「時間がなんでも解決するのよ~♪」

というフレーズがありましたが、まさにそれ!

時の流れに身を任せて~♪いれば、世の中なんとかなっていくものなのかもしれない。

 

自分に甘く 人生もかなり甘く考えてる気がするけど これから先もとりあえずこの流れで生きてみようかと思っています。

 

父のことを想う時、いつしか悲しみの感情より 時間をかけて膨らんできた温かい感情が上回っていることに気づきました。

それこそが、父への感謝の気持ちでした。

 

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

幸せそうな人を見るのがつらいとき

喪中とは、喪に服する期間のことで、一般的には親族が亡くなった時から1年間とされているようですね。

 

そっか。もうすぐ私も喪が明けるんだ。

 

喪中の期間は祝い事や派手な活動は慎んだ方がいいとされているようですが、コロナの影響で私だけではなく、世界全体がまるで喪に服しているかのようでした。

 

2020年、もしコロナなどなくて、予定通りにオリンピックが開催され 日本中が盛り上がっていたら、私個人としてはどうだったかな、と思うことがあります。

 

そもそも、オリンピックにはさほど興味がなかったので、観戦に行ったりしたいとは思いませんでしたが、オリンピックにわく世の中を見て、自分の気分も少しは上がっただろうか?と考えると、違うような気がします。

 

昨年の暮れは、まだ日本ではコロナの影響はなかった世の中でした。買い物に行くとクリスマスや年末年始の飾りや商品が並べられ、とても賑やかで活気づいた雰囲気でした。

 

当然、いつもだったら、そんな雰囲気にワクワクして、買う必要のない物までついつい買ってしまう私ですが、父が亡くなって間もなくの時期に、そんな賑やかで楽し気な場にいるととても苦しくなってしまいました。

 

そして、必要最低限の物だけ買って、足早にお店を出たことを思い出します。

 

自分が苦しいとき、つらいときに、にぎやかな場や楽しそうにしている人を見るのは とにかくつらいものでした。

 

f:id:miyuyuchang:20201121160901j:plain

今年もまた、世の中にはクリスマスの雰囲気が漂ってきました。

 

でも、去年とはなんとなく違う感覚で 街を見ている自分に気づきました。

 

一年という時を経て 心の奥に追いやられていた ワクワクする気持ちが、確実に動き始めているような気がします。

 

コロナは終息していないし、施設にいる高齢の母親だって いつなにがあるかわからない状況ではあるけれど、この一年間の年月が、私の心に変化を起こしていたのはたしかだと感じます。

 

父の命日である11月23日は、勤労感謝の日であり、いい兄さんの日でもあるようです。きょうだい想いの長男で 家族のために一生懸命働いてくれた父には ピッタリの日が命日になったな、と思います。

 

そして2020年 その命日ピッタリに、一周忌法要を予定しています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

 


生き方ランキング

アクリルボード越しの面会

介護施設に入所している母と、約4ヶ月ぶりに面会することができました。

7月にも1回だけ会うことができたのですが、その後またすぐに感染者数が増えたことで、再び面会はオンラインでしかできなくなりました。

今回もまた、時期的に感染者数が増えてきているので、すぐにまた面会自粛となってしまうかもしれないな、と心配しています。

 

面会といっても、アクリルボード越しに大きなテーブルをはさんで、15分以内といった数々の制約があります。

面会に行った私達も、検温や手指消毒、二重にマスクをするなど、かなり厳重な管理の下で会ってきました。

f:id:miyuyuchang:20201114191232j:plain

母には直接触れることはできなくても、アクリルボード越にしか見えなくても、すぐそこに母の存在を感じられたのは、とても嬉しく安心しました。

 

ただ、認知症で耳の遠い母とは、普通に会話をすることはできないので、私達の方に気を引いて、一方的になにかしゃべってもらうしかないのです。

 

調子がいいと、オンラインの時でもわりとしゃべったり 笑ったりもしてくれるのですが、その日は眠かったのか、すぐに目を閉じてウトウトしそうになりました。

 

傍にいたワーカーさんがその都度母の耳元で、

「娘さんと息子さんがきてくれましたよー!」

「ほらほら!娘さんと息子さんですよー!」

と、何度も伝えてくれましたが、よくわかってないようでした。

 

私達も、ただ手を振ったりする程度だといまひとつ気が引けないと思い、持参したぬいぐるみやマスコットなどを、面白おかしく動かして見せましたが、あまり興味は示しません。

 

でも、もはや私達の存在を完全に忘れてしまっている、とは考えたくないです。

マスクをしていたし、母とはかなり距離を置いていたので、私達のことを認識しにくかったのではないかな。母の調子が良くて、面会の条件も良ければ、まだ私達のことを思い出してくれる、と信じていたいです。

 

認知症が進んで会話がままならない母と、マスクをして距離を置いた面会は本当に厳しいです。会話というコミュニケーション手段を失った母とは、触れることや表情を見せることでしか、通じ合える手段はないのですから。 

 

母に直接触れて、笑顔を見せてあげられる日が、1日でも1秒でも早く来るように祈るしかありません。94歳の母には、もはやそんなに多くの時間が残されているとは思えないので。。。

 

 
高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

父の思い出と「青い影」

父が亡くなってもうすぐ1年経ちます。2019年11月23日が父の命日です。

11月の抜けるような青い空とか、この時期特有の秋の深まる気配を感じると、父との最後の思い出が鮮明によみがえってきて、悲しみを抑えることはできません。

 

昨年の今頃は、病院にお見舞いに行くたびに、今回が最後になるかもしれない・・と心揺らしながら、後ろ髪を引かれる思いで病室を出たことを思い出します。

 

病院まではバスや電車を使って うちからは1時間位かかりました。最後に父が入院していたのは 高齢者が中心の療養型病院でした。自然豊かでとても環境の良い所にあったのですが、駅からは遠いのです。

 

最寄駅から病院までは、送迎バスを使っていました。

午後に面会をして、もはやゆっくり話せる元気も父はなくなっていましたから、早めに帰るようにはしていました。

それでも、帰りの送迎バスに乗る頃には、いつもちょうど太陽が沈み始める夕暮れ時で、バスの中にも西日が差し、センチメンタルな気分が引き出されました。

 

f:id:miyuyuchang:20201107200909j:plain

送迎バスの中ではいつも、懐かしい映画音楽やオルゴールサウンドなど 癒されるようなBGMが静かに流れていました。

「恋は水色」とか「オリーブの首飾り」とか「渚のアデリーヌ」とか。

 

11月の物悲しいような夕日と耳障りの良いBGMが、父との最後の思い出と強く結びつき、忘れられない曲となったものがありました。

 

それは、プロコルハルムの「青い影」でした。

 

原曲は歌入りなのですが、送迎バスの中で流れていたのは、チェンバロのような音で演奏された歌なしでの楽曲でした。なぜかこの曲が強く感情の奥深くに刻まれ、悲しいけれど父との温かい思い出を呼び起こしてくれるのです。

 

送迎バスの中で聴いたのと同じ「青い影」の音源を探しましたが、見つかりません。廃盤になったCDでそれらしきものが存在していたようなので、フリマなどで出てくるのを気長に待とうかな、と思っています。

家に残してあった古いミュージックテープにも、エレクトーン演奏の青い影を見つけ、それを聴いたり、YouTubeでもそれに近いものを見つけ、聴いています。

 

この曲を聴いて、私は今までとれだけ泣いてきたか計り知れません。。。これからもたぶん、何度でも泣いて泣いて、父との最後を思い出すことでしょう。

 

でも、泣くことは、悪いことばかりではないかも。。と思うように。

父を思い出し泣いた後には、温かいものがこみあげてくるようになってきました。ただただ辛い悲しみのトンネルからは、すでに抜け出ているのかもしれません。

 

 

 

 

青い影+4

青い影+4

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

 


シングル介護ランキング 

ハロウィンの夜に見たカラーの夢

今週のお題「急に寒いやん」

 

今年もまた、秋らしい快適な気候を感じられる時期はほとんどなく、このまま冬に突入していくのでしょうね。

ちまたでは「寒い寒い」という声がとっくから聞こえるようになってきていますが、この秋はまだつらいレベルの寒さを感じたことはないです。

 

住んでいるのは東京ですが、都心からは離れている気温の低い地域です。それでも冬になってもそんなにひどい寒さは感じないのは、私がただ寒さに強いからなのかも。

逆に、暑さには異常に弱いですが(^_^;))

相変わらず、ショッピングモールの中などで買い物していると、次第に暑くなってきて困ります。

 

ハロウィンの夜に私はカラーの夢を見ました。

ハロウィンはもともと西洋では、日本でいうところのお盆とかお彼岸のような日。

10/31の晩から11/1の朝にかけては、霊界との距離が最も近づく日とされているので、その日夜眠る前には、亡くなった父親と夢の中で会えるかな~と期待して眠りにつきました。

 

すると、父親は出てこなかったのですが、天井がガラス張りになっているバスに乗って、抜けるような青空を眺めている、とても幸福感に満ちた夢を見ました。

 

f:id:miyuyuchang:20201101192627j:plain

夢は普通、色の印象はないことが多いと思いますが、この晩に見た夢は、抜けるような空の青さと、目に映るものすべてが光に満ち溢れていて、普段見る夢の様子とは全く違っていました。

 

言いようのない安心感と幸福感に包まれました。

父も母もまだ元気で、家族みんなで暮らしていた頃にしか得られなかった、懐かしい安心感と幸福感に似ていました。

 

カラーの夢というのは、心理学的に見た解釈、占いで見た解釈、など様々ありますが、私はその時に得られた感情や感覚を元に、スピリチュアル的に解釈してみたいと思います。

 

ハロウィンの夜に見た夢は、きっと亡くなった父の計らいだと思います。

 

大きな不安や迷いを抱えて生きる日々です。

以前のように、心からなにかを楽しんだり、楽しもうとする気にはまだなれません。

それでもなんとか自分を信じて頑張り続けていられるのは、天国の父からの見守りと力添えがあるからだと、改めて確信しました。

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

病院に行くとお年寄りが気になる

私は、コレステロールの数値が高めなので、その薬をもらうために月に一度、内科を受診しています。

兄も持病があるため、一緒に通院しているのですが、去年までは両親も一緒に受診していたので、介護タクシーで連れて行って受診させるのにも とにかく一苦労でした。

でも今は、自分のことだけ気にかけていればいいので、楽になったと言えばその通りなのですが、周囲にいるお年寄りの様子が気になって気になって仕方ありません。

 

見ていて一番思うのは、ひとりで来るにはかなり心配なお年寄りがたくさんいるなぁ、ということ。

 

なので、受付の人や看護師さん達も、いろいろなことを事細かにいちいち説明してあげなければならなかったり、付き添って手伝ってあげたりしなければならないようで、見ていて気の毒になることも。

 

それでも、ひとりで来なければならないお年寄りはたくさんいるわけですよね。

たとえ家族はいたとしても、通院に付き添えるとは限らないわけだし。

 

先日も、ひとりで来ていたおばあちゃんが、病院での会計を終えてバッグの中にお財布をしまおうとするのだけれどうまく収まらず、結局バッグから半分お財布が飛び出たまま帰っていったけど、大丈夫だったかなあ。。。

 

よけど声をかけようかと迷ったけれど、バッグは目の届く位置に斜めかげにして帰っていったし、きっと大丈夫。。たぶん、大丈夫。。。かな。

声をかけて 余計なお世話になっても失礼だしね。。。と、自分に言い聞かせました。

 

通院している内科は、大きな病院と違って比較的小規模なクリニックなので、ひとりで来ているお年寄りにも手厚く親切に対応してくれますが、大きな総合病院などでは、お年寄りがよくわからずにオロオロしていたり、ぼーっと立ち尽くしていたりしている光景をよく目にしました。

 

ひとりできているお年寄りももちろん気になるのですが、本当に私が一番気になるのは、娘か息子に付き添われて来ているお年寄りです。

 

父が初めて入院した2012年頃は、介護されているお年寄りの奥さんか旦那さんが付き添ってきている、いわゆる老々介護のパターンを多く目にしましたが、ここ数年になって、急激に子供が親を介護するパターンが増えたように感じます。

 

自分もまだ親の介護をしていた頃は、そのような人達を見かけると、(お互いに、大変だよね~~~~同情。。)って、気持ちで見ていました。

 

でも、今となっては、もう (うわ~~~涙涙涙。。。)っていう、言葉にならないくらいの気持ちで見てしまい、(大変だよねー大変だよねー!でも、この大変な瞬間のひとつひとつが、いつか かけがえのないものだったと、強烈に気づく日が来るよ~)と、心の中で勝手に叫んでしまうのです。

 

f:id:miyuyuchang:20201026144614j:plain

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

古いメガネが老眼鏡の代わりになった

お題「捨てられないもの」

 

父の遺品整理を進めています。

それでも、亡くなった父の物だけ処分するのは、なんだかやっぱりかわいそうで、不公平な感じもして(今でも家族の一員だと思っているので)、自分の物も処分し始めました。

 

自分の不用品はあまりないと思っていましたが、しばらく見なかったエリアを探索していくと、それなりに出てくるものですね。介護に追われたここ10年近くは、押し入れの奥の方まで整理する余裕など全くなかったので、存在を忘れていたものがたくさん発見され、処分するものはこれから続々と出てきそう。

 

そんな中、かれこれ20年以上前に作ったと思われる 私の古いメガネが出てきました。

近視が進んで度が合わなくなったけれど、なんとなく捨てられずに残しておいた物でした。古いメガネはもう残っていないと思っていましたが、なぜかひとつだけ残していました。

 

私は、中学生の頃から近視になってしまったので、ずっとメガネやコンタクトを使用していました。コンタクトを使っていたのは、40代位までだったかな。今は近視用のメガネだけを使っています。

 

裸眼だとたぶん両眼とも0.1以下です。視力検査表の一番大きな文字は見えませんから。

 

今は老眼にもなっていますが、今のところ老眼鏡は使っていません。スマホ画面や細かい文字を見るのは、メガネを外し、裸眼で見ればよく見えます。メガネをかけている時だと、その都度、いちいちメガネを外したり、ずらしたりするのは面倒ですが。

 

遠くは近視用のメガネ、手元の文字は裸眼で見れば見えるのですが、今一番不便していたのは、PCやタブレット画面を見る位の、中間的な距離が見えにくいことでした。

 

ところが! 先日片付けをしていた際に掘り起こした、その古いメガネをかけると、手元の至近距離やPC画面までの中間的な範囲がよく見える見える!

 

PC画面の文字って、こんなに黒々してたっけー!?って、驚くくらいクッキリ見えます。

 

これって、度数が合わなくなってしまっておいた古いメガネが、たまたま今の私の老眼の度数と合ってしまった、ということ? ・・でしょうね。

 

若い時期には近視も何段階か進んでいたので、メガネは何回も作り変えていました。TPOに合わせて使い分けてもいましたから、メガネはたくさん持っていました。

 

今回残っていたメガネは、フレームが気に入って作ったわりには、あまり使わなかったものなので、捨てるのももったいないから取っておこう、と思って、使う当てもないのに残しておいたような気がするんですよね。

 

普通、メガネの場合、いつかまた使えるかも、というチャンスは、まず巡ってはこないと思っていたけれど、意外にも そんなことはないのかもしれません。

 

私はいつ頃から老眼が始まったのかはよく覚えていませんが、同世代の友人を見ると、若い時期に視力が良かった人の方が 早い時期から老眼を感じていたような気がします。

 

そういえば、近視の人は老眼にならない、という嘘伝説がありましたよね。

ちょっとだけそれに期待していたんですけど、やっぱり、近視の人だって老眼になりますよね (残念。。。)

 

老眼はたしかに不便ですが、近距離ならメガネを外していてもよく見えるようになったのは、今までの近視だけのときより快適かも!・・と、今のところは思います。

 

でもまあ、この先は年齢的に白内障緑内障といったリスクも高まってくると思うので、気を付けていきたいとは思います。 

 

f:id:miyuyuchang:20201018160132j:plain

 acworksさんによる写真ACからの写真

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村