親の介護と変形性股関節症

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み シングルならではの不安や問題 それにむけての対策などを考えてみます。

息苦しそうだった父の姿を思い出す

父がまだ生きて家にいた 去年の今頃(2019年7月)の日記を見てみました。

95歳で亡くなる4ヶ月前に当たるこの頃の父は、とにかく身体がつらそうでした。

それまでは、多少疲れてても昼間なら横になることなどなかった人が、日中でもすぐに横になりたがるようになっていました。

 

特に夜寝てからしばらくすると突如、呼吸が苦しくなり、背中とか身体が急激に熱くなってきたと騒ぎだすので、去年の夏 エアコンはずっと切ることなく24時間フル稼働させていました。

同じ部屋で母も寝ていたので、父の体感に合わせていたら風邪をひいてしまうと思い、比較的涼しい夜は、エアコンを切り窓を開けました。

 

そんな日でも父は熱さを訴え、氷枕を要求し自分のところにだけ向けて小型扇風機を一晩中回し続けていました。

暑がりの私でさえ肌寒いと思える朝方にも、布団もかけずに扇風機をフル稼働させている父の身体の異変に怖さを覚えました。

 

それだけではなく、やはり夜間は突然息苦しさに襲われるようで、深夜であろうと朝方であろうと関係なく私は起こされました。

 

起こされても私ができることは特にないのです。

「少し起きて、扇風機にあたってたら?」

と言うことくらいです。

 

すると父はいつも自分専用の小型扇風機を持って、キッチンの方へ向かい、電気もつけず、長い間起きて風にあたっていました。

起き上がって風にあたっていると、次第に呼吸は楽になっていくようなのです。

 

寝室からはその姿が見えたので、私は今でもその姿がくっきり目に焼き付いて離れません。

毎晩毎晩、同じことの繰り返しでした。

 

原因は心不全がじわじわと悪化していたことにあるのかな、と思いますが、血液検査では炎症の数値もかなり高く出ていて、ドクターとしても入院させるかどうか思い悩んでいる頃でした。

 

父が苦しくても、私が治してあげられるわけではないから、寝ている私をいちいち起こさないでよ!と 何度も言った覚えがあります。

 

私は父の他にも、要介護4で認知症の母の介護をしていました。

(母はその年の9月に施設入所しました)

母の介護疲れでもクタクタの状態で、夜は父と母の様子を気にしながらの仮眠しか取れない日々が続き、肉体的にも精神的にもギリギリの状態でした。

 

でも、

 

父は私になんとかしてもらいたいと思っていたわけではなく、ただ不安でいっぱいだったから、ひとりでは抱えきれないほどの恐怖だったから、とにかく私を起こしてしまったんだろうな、と思います。

それは私もわかってはいました。

 

少しでも私に気持ちの余裕がある時には、父の不調に付き合って、一緒に起きて背中をさすってあげたことも多々あります。

その方が、父の息苦しさの回復も確実に早かったように思います。

 

今思うと、悔やんでも悔やみきれませんが、毎回そんなふうに父に優しくしてあげられる余裕は、体力的にも精神的にも、当時の私にはありませんでした。

 

去年の今頃は、物凄い状況の最中にあったけれど、家族4人揃っての暮らしはまだあったんだな、と思うと、泣きたいほどに あの頃に戻りたい。

f:id:miyuyuchang:20200729155858j:plain

  

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

健康とお金を天秤にかけると

今週のお題「2020年上半期」

 

2020年上半期は、コロナウィルスの影響でほとんどの人が混乱したり不安定な状態にあったと思います。当然、私もそうです。

年明け頃からある程度計画していたことが、あまり進んでいません。

特に滞ってしまっているのが、仕事の再開です。

以前私はフリーランスで働いていましたが、親の介護のために仕事をやめてから10年近くになります。

ブランクが長い分、復帰するための準備も長くかかります。

調べれば調べるほど、時代と共に新たに学ばなければならないことが次々と出てきます。

春先からコツコツと準備は進めていますが、思うように進められません。

 

それはコロナの影響だけが原因でなく、自分の体力的な問題が大きな足かせとなっていることに、今更ながら気づきました。

 

長年の介護疲労と、変形性股関節症のせいだと思いますが、日々全身がたる重く、痛みもあります。そのため、今のところ ただ生活を送るだけでも精一杯。この状況で、仕事時間をプラスしたら、すぐに身体が悲鳴を上げてしまいそうです。

 

今自分に必要なのは、一刻も早く収入を得ることよりも、身体の不調を整えることではないかな、と冷静に考えると思います。

 

でも、一刻も早く収入を得なければ!という思いがすぐに邪魔をして、焦る気持ちばかりが先走り、結局、健康も収入も手にできない中途半端な状態が続いています。

 

身体の不調を整えることを優先していたら、収入の道はなかなか開けず、かといって、今の状態で無理して仕事を始めても、十分に力を発揮することはできず、さらに体調を悪化させ途中で辞めることにさえなりかねません。

 

最近になってふと、この状態は、コロナ禍で混乱している今の社会に似ているかも、と気づきました。

 

コロナの感染予防を優先してしまえば経済が崩壊してしまうし、経済優先にしてしまうと、今度はコロナがさらに猛威を振るうことにもなりかねないわけです。

 

完全にどちらか一方を犠牲にすることはできないですね。

 

それは私個人のことにしても、社会全体の問題として考えても。

 

だからこそ、そのバランスをどう取っていくかで、四苦八苦してしまうのです。

 

私個人としては、今すぐに無理をして働かなくてもしばらくは生活できそうなので、身体の調整と休養を優先し、まずは仕事を長く続けていけるだけの体力をつけることを優先しようかと考えているところです。

 

とても不安は大きいまま進むことになりますが、それは今の社会も同じですね。

 

f:id:miyuyuchang:20200722165004j:plain

 

 

パリジェンヌはいくつになっても人生を楽しむ

パリジェンヌはいくつになっても人生を楽しむ

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

 


生き方ランキング

お墓を守っていくということ

東京のお盆は7月です。今年は父の新盆であり、住職さんが家に来てお経をあげて下さいました。

お寺関係のことは今まで本当に疎くて、父が亡くなってからは その都度ネットで調べまくり、兄と奮闘してやり遂げてきています。 

 miyuyuchang.hatenablog.com

 

檀家として菩提寺との関係を続けていくことは大変です。

 

近頃では葬儀も簡素化され、お寺との付き合いも希薄になっている という時代の流れもある中で、うちは時代を逆行しているな、という感じもします。

今までの自分の人生の中にはほとんど無縁だったお寺との関係が、父の死をきっかけに急に濃密になったことに戸惑いは感じます。

儀式的なことはどんどん省略して、遺族への負担を減らすようにした方がいい、という合理的な考え方を、以前の私ならしたでしょう。

 

でも、実際に父親が墓に入った今、私の気持ちは変わりました。

 

お盆に向けての精霊棚の飾りつけにしても、住職を招く準備にしても、お墓参りに行くことにしても、大変だしお金はかかるし 面倒なことには違いないのだけれど、それをすることで、まだ父との縁が繋がっているという安心感が得られるのです。

 

そして、日頃からモヤモヤしている言い様のない不安感のようなものは、お盆の行事をすることや、お墓参りをすることで、その都度きれいに洗い流されていくような感覚を覚えます。

 

このような感覚は、なぜそうなるのか、というように 頭だけで分析しようとしても、納得のいく答えは出せないような気がします。

毎朝仏壇に手を合わせることや、お墓参りをすることの大切さを、昔の人は切々と説いていましたが、今までの私はほとんど気にとめませんでした。

 

それまでの私は、自分の魂の一部がもぎ取られるほどに辛い、本当に大切な人を失った経験をしてこなかったからかもしれません。

亡くなってからも父は私に、たくさんのことを気づかせ与え続けてくれています。

 

大変だけれど、頑張って、きちんとお墓を守っていこう!

 

 

f:id:miyuyuchang:20200715152302j:plain

 

 


シングル介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

やりたいようにやらせてあげれば良かった

両親の介護から 解放された今だからこそ思うのだろうけれど、父にしても母にしても、家で一緒に暮らしている時には、もっとやりたいようにやらせてあげれば良かったな、と。

(父は2019年11月に亡くなり、母は2019年9月に介護施設に入所しています)

 

よくよく考えれば、両親はある時期までは自分の意思で、やりたいように自由に生活していたわけです。

でも、認知症が進んだり老化が進んだりするにつれ、生活は私の管理下に置かれるようになりました。

 

母は、甘い物(特に和菓子)が好きでした。

認知症が進むにつれ、大好きなあんこの入った和菓子を与えると、もっともっとと欲しがりましたが、栄養バランスを考えて、ある程度制限していました。

 

父に対してもそうでした。高齢の割には炭酸飲料などの冷たいものが好きで、一日に何本も飲みたがってはいましたが、身体のことを考え、一日一本程度に制限していました。

父は最後まで頭はしっかりしていたので、ある程度放っておいても病院に着ていく服くらい、自分で選ぶことはできたのですが、

 

「あー!なんでそんなシャツ選んだの!? もっといいのがあったでしょ!?」

とか、

「今日は検査なんだから、もっと脱ぎ着しやすい服じゃなくちゃダメじゃない!」

とか、

娘の私は ダメ出しばかりするようになっていました。

 

それでも父は反論するでもなく、大人しく私の選んだ服に着替えていました。

 

もっと時間をさかのぼって思い出せば、母がまだ認知症であるとは気づかなかった頃。

母は、チラシ広告などから花の写真を切り取っては、タンスや家具の側面にペタペタ貼ることをし始めました。

 

「こんなの貼ったらおかしいでしょ!?」

私は母に文句を言って次々剥がしていきましたが、

母はまたしばらくすると、懲りずにペタペタ貼り続けました。

 

貼っては剥がすの応戦がしばらく続いた後、いつの間にか母は貼ることをやめました。

 

それは諦めた、というのではなく、母はいつの間にか 花の写真を貼ることを忘れていったように思います。

 

今思えば、花好きだった母は、花を育てたり生け花にすることができなくなった代わりに、手近にあるチラシ広告の花を貼って楽しんでいたのかもしれません。

 

年老いていくにつれ、自分がやりたいようにできることは、いつしか消滅していくということを、両親の介護を通し教えてもらった気がします。

 

現在、介護施設に入っている母は、健康管理も栄養管理もしっかりしてもらえ、ある意味 至れり尽くせりの生活が送れているでしょう。

 

でも、そこにはもう、母が自分でやりたいようにやれることは、ほとんどありません。

 

f:id:miyuyuchang:20200705192259j:plain

 izu3さんによる写真ACからの写真

 

 

やるべきことがストーリーでわかる 親の介護の不安や疑問が解消する本

やるべきことがストーリーでわかる 親の介護の不安や疑問が解消する本

  • 作者:田中 克典
  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

過去に戻って修正したいこと

今更ですが、3週に渡ってテレビ放映されたバックトゥザフューチャーを、初めて見ました。

過去を変えると、それに関連した現在も未来も変わっていく、という発想は、自分の人生を考えるのに役立つ気がします。

 

f:id:miyuyuchang:20200627160339j:plain

 

そこでもしも、過去に戻って修正したいことがあるとすれば、私はなんだろう?と考えてみました。

過去には失敗も無駄なこともたくさんしてきましたが、自分の好きなように生きてこられた気がするので、修正したい過去はないなあ、と。

 

でも、よーーーく考えてみたら、ひとつだけ浮かびました!

  

それは私がまだ赤ちゃんだった時代に戻って、母親に私の股関節の矯正をしてもらいたい、ということ。

 

先天性股関節脱臼といって、私は生まれつき股関節がゆるいタイプで、少しゆるいまま気づかずに成長していってしまった結果、30代位からジワジワと股関節の違和感を覚えるようになり、変形性股関節症にまで発展してしまいました。

 

今は乳児健診で、そのような兆候のある赤ちゃんはすぐに発見され、早期に矯正してもらえるので、私のようなケースで股関節症に苦しむ人の数は 将来的にはほとんどなくなるようです。

 

もちろん、私の生まれた時代はそのような検査項目はなかったうえ、布おむつに、おんぶ、といった昔ながらの育てられ方をしたのが、脱臼をさらに助長していたようです。

 

それでも私自身も股関節がゆるいなんて自覚は30歳位まで全くなく、学校生活も他の子供と同じように、ごくごく普通に送ってこられました。

 

ただ、今になって考えると、正座とかあぐらとか、長時間しゃがんでいることは嫌いだったし、幼児期にはちょっとしたことで肩の関節が外れたりすることもあったし、運動は苦手だし嫌いでした。

 

運動嫌いに関しては、単に体力がなかったから、と思っていましたが、気づかないところで脱臼気味の股関節の影響を受けていたような気がします。

 

過去を修正し、現在の私が変形性股関節症でなくなっていたら、どんなに素晴らしいだろう!と思いますが、 そうなったらそうなったで、なにか別の「苦=人生の課題」が授けられているのかな、などと、余計なことを考えてしまう性分です。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

 


生き方ランキング

どうして生きているうちにもっと。。。

今週のお題「お父さん」

今年もまた父の日は巡ってきます。

父がこの世にいなくなってから 初めての父の日がやってきます。

去年の父の日には、家族揃ってみんなで過ごせました。

母もまだ介護施設には入ってなくて、家にいましたから。

 

生前の父には、面と向かって「ありがとう」なんて言えなかったけれど、今は仏壇に飾ってある遺影をじっと見ていると、「ありがとう」という言葉が 抑えきれない気持ちとともに溢れてきます。

 

父がいてくれたおかげで、私は幸せな人生を送れたんたんだということを、父が亡くなってから 本気本気で!心の底から実感できました。

 

両親によって私は守られていたんだ。

親って偉大だ!

 

私は自分が親になった経験がないので、親が亡くなって初めてこのことを実感できたのかもしれません。

 

父のことを深く理解できたのも、父が亡くなってからです。

 

miyuyuchang.hatenablog.com

 

特に私が若い時期には、父の存在を軽く見ていたし、感謝の気持ちすらほとんど感じてなかった気がします。

 

ずっと元気だった父が亡くなる1~2年前からは、多少介護の手がかかるようにはなっていましたが、それでも最期まで全力で生き抜いてくれました。

死期が近い頃になっても病室に面会に行くと、母のことをしきりに心配していた父。

 

私も兄も、要介護度の高かった認知症の母にかかりっきりで、父にはだいぶ無理をさせてしまった気がします。

 

もっともっと父にも優しくしてあげれば良かった。

どうして生きているうちにもっと優しくしてあげられなかったんだろう。。。。

 

どうして生きているうちにもっと、

父が喜ぶことをしてあげられなかったんだろう。。。

 

どうして父が生きているうちにもっと。。。という思いが、父の日を気にかけ始めたら、次から次へと押し寄せてきます。

 

たぶん父が生きている間に どんなに一生懸命面倒をみてあげたとしても、「これでもう悔いはない」という到達点はなく、亡くなってからの後悔は出てくるものだと思います。

 

いつも父の遺影に向かって語りかけるのは

「ありがとう。いつかまた天国で家族揃って暮らせるときまで、見守っていてね」

 

まだ生きている母のことは、少しでも悔いが残らないように大切にしたい。

そのことが 天国の父を一番喜ばせてあげられることのような気がします。

 

f:id:miyuyuchang:20200619152353j:plain

ぴぴふぉとさんによる写真ACからの写真

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


生き方ランキング

親を亡くした悲しみの雨

今週のお題「傘」

2019年11月の末に父が亡くなった後しばらくは、私の心の中は悲しみの大嵐が吹き荒れていました。悲しみの大嵐が吹き荒れる中を、私は子供用の小さな傘をさして、びしょ濡れになりながら立ち尽くしていた、そんな感じがずっと続きました。

 

7か月近く経った今、心の中を覗いてみると、時折悲しみの大雨が降ることもまだまだありますが、降っても小雨だったり、晴れ間もたくさん覗くようにはなってきました。

 

今でも悲しみの大雨には襲われますが、今持っている傘はとりあえず大人用のビニール傘くらいには変化したように感じます。

心の傘は気持ちの余裕みたいなもので、だいぶ立ち直ってきているのだと思います。

 

最近になって、ようやく娯楽性のあるテレビ番組も見られるようになってきました。

父が亡くなってから半年間位は、気持ちが全く落ち着かず、のんびりテレビでも見よう、という気持ちなど全く起きませんでした。

身体も心も疲れ切っているのに、なにかしていないと気持ちがザワザワしてきて、とにかく落ち着かなかったのです。

 

それでも3月頃からは、ニュース番組だけは見る気が起きました。

その頃からのニュースといったら、新型コロナウイルスの緊張感あるニュースばかりでしたが、やけに熱心に見ていた覚えがあります。

たぶん、コロナウイルスという新たな大きい不安に気持ちを向けることで、その時点で自分が抱えていた悲しみや不安を、忘れることができたからかもしれません。

 

miyuyuchang.hatenablog.com

  

遺族外来という科を開設している病院もあるようですね。

肉親や近しい人を亡くされた遺族の受けるストレスは、とても大きなものであり、身体や心に与える影響も、甘くみてはいけないことを知りました。

 

「辛いけど、苦しいけど、私は大丈夫」

とりあえず、漠然とながらもそう思ってここまで来ましたが、少し余裕が出てきた今、ちょっと前までの自分を振り返ると「変だったかも」と思えることが見えてきました。

 

ただ、今でもまだ「なんか変だな」と思えることがあり、本来の自分に戻れてない気はします。

 

これはせっかちな私が一番苦手とすることだけれど、あせらずゆっくり進むしかないですね。

 

そうすれば、ちょっとくらいの大雨には対応できる、造りのしっかりした心の傘が手に入れられるかな、と希望をもって毎日を過ごそうと思います。

 

f:id:miyuyuchang:20200613162332j:plain

CO27さんによる写真ACからの写真

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


生き方ランキング