手術しない股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

記憶を失う恐怖

今週のお題「怖い話」

 

ここはどこ?

 

私は誰?

 

目の前に見えるのは、長い廊下と・・・白い壁だけ。

 

あ。誰かこっちに向かって来る。

 

ニコニコ笑ってる。

 

え?なに?

 

なにか私に話しかけてるけど、小さい声だし、なにを言ってるのかよくわからない。

 

でも、良さそうな人だから、私も笑ってうなづいておこう。

 

あ! 窓から外が見える。

 

木の葉っぱが風に揺れてるな。

 

あれ! 目の前に ごはんとおかずが置いてある。

 

食べよう。

 

なんだか眠くなってきたな。

 

寝よう。

 

・・・・・・。

 

要介護4で施設に入所している認知症の母は、私の推測ですが、現在はこんな意識で生きているのではないかと考えています。

 

今はもう、記憶が薄れていく混乱はさほど感じないほどに、認知症自体が進行していると思うのですが、まだ初期だった頃には、不安を感じている様子が多々うかがえました。

 

「最近、頭が変になってきたいみたいだよ」

 

初期の頃に母がよく口にしていたことを思い出します。

 

ただ、その頃は私もまだ認知症への知識も浅く、母が認知症であることに気づいてなかったので、あまり気にもとめていませんでした。

 

もう少し進行してくると、言葉にして訴えるようなことはなくなりました。

 

頭が混乱してくると、わけもなく感情的になったり、意味のない変な行動を繰り返すようなことをし始めました。

 

そうそう!「頭が変になってきた」という代わりに、

 

「もう、死にたい」という言葉を、

 

頻繁に口走っていたことを思い出しました。

 

TVなどで他の認知症の方を見ると、その進行過程において、激しく混乱してしまう人もいれば、比較的穏やかに受け入れている人もいるようなので、個人差はあるのでしょう。

 

私の母の場合、自身が認知症であることには、最後まで気づいてなかったと思います。

そもそも、認知症という症状についての知識は、持ち合わせてなかったはずですから。

 

でも、徐々にいろいろなことがわからなくなっていく不安と恐怖を、どのように受け入れ、今はその恐怖が母の中でどうなっているのか、とても気になるところです。

 

少なくとも、今でもまだ母の中には 理解不能な恐怖感が潜んでいて、時折それが顔をのぞかせて、母を不安にさせているような気はします。

 

なにもしないでボーっとしている時などに、その不安感がじんわり押し寄せてくるかもしれないな、と思うのです。

認知症になっても、感情の記憶だけは意外と根強く残っているものですから。

 

認知症の人は、「今、ここ」がすべてだと聞いたことがあります。

 

思いわずらう過去も未来もないのです。

 

究極の生き方を実践していると言えば、そう言えなくもないわけです。

 

入所している母への面会は、今のところオンラインでしかできません。

私はとにかく、直接会って、なおかつ母に触れたい!

それができないまま、母の寿命が尽きてしまったら、と思うことが、今の私にとっては一番の恐怖です。

 

f:id:miyuyuchang:20200309162700p:plain

 


高齢者介護ランキング

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村