手術しない股関節症と親の介護ブログ

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み 歳を重ねて気づいてきたことなど

股関節痛を自力で治す!

今週のお題「読書感想文」

 

変形性股関節症に苦しめられて、約10年。私には股関節痛を自力で治す!という、人生最大の課題があります。

手術をしなくても、一生自分の股関節で問題なく暮らしていけるかもしれない、という希望を持たせてくれたのが、ちょうど10年ほど前に出会った「股関節痛は怖くない!」というこの本でした。 


f:id:miyuyuchang:20200901155914j:image

 この本の著者である松本正彦氏は、銀座にある股関節専門サロン【松本深圧院】の院長で、現在では全国にたくさんの支部もできているようです。

出張施術も行っているようなので、プロの手によってやっていただきたいのは山々ですが、保険適用外となるので 今の私の場合 続けるには料金的な問題が・・・。

 

・・・となれば、この理論を自分で研究しマスターし、自分でやるしかない!わけです。

 

10年前から持っていた本で、当時そこそこ読み込んで「なるほど!」と納得もしていたのに、うまく理解できず身に付かなかったのは、この頃から同時に親の介護が大変になっていたからです。(言い訳っぽいな(^_^;))

 

でも、今は多少 自分の身体に向き合える時間が作れるようになったので、本腰入れてメンテナンスしておかないと!

 

この本に書いてあることは、一般的に考えられている変形性股関節症の怖ろしい行く末のイメージを 明るく塗り替えるものでした。

 

それまでのイメージとしては、

 

変形性股関節症は進行性のもので、軟骨が徐々にすり減り骨と骨がぶつかって痛みが出て、さらに進行していくと骨が壊死していく・・末期になれば手術しか道はない・・といったようなものでした。

 

しかし、この本によると、骨の表面や軟骨には神経がないため、股関節痛の原因として骨や軟骨そのものは全く関係ないといっています。

 

では、なにが原因で痛みを起こしているのか?

 

ひとつには、関節を包む関節包という神経が通っている部分の炎症と、もうひとつには、筋肉の異常が関連しているとのこと。

 

この、股関節関節包内の炎症と筋肉の病気 という2つの原因が混在した股関節痛が、日頃私を苦しめている股関節痛の正体であることに気づきました。

 

関節包内の炎症に関しては、ピークを過ぎると安定するそうなのです。

たしかに私は、数年前までは頻繁に起こっていた激痛に近い痛みは、最近ではほとんど出なくなっています。骨の変形や脚長差はあるものの 炎症はおさまり安定期に入ったのだと思われます。

 

これから私がやるべきことは、筋肉の病気を治すこと!それも自力で!

 

筋肉の病気(こりや痛み)に関しては、股関節痛以外の人にも当てはまることだと思います。慢性的な肩こりなどその典型的な例です。

 

筋肉異常を治す方法について、この本で学び現在実践していることに関しては、また次回紹介したいと思います。 

 

股関節痛は怖くない! 改訂版 (ワニプラス)

股関節痛は怖くない! 改訂版 (ワニプラス)

  • 作者:松本 正彦
  • 発売日: 2016/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村