手術しない股関節症と親の介護ブログ

独身50代女性による親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組み 歳を重ねて気づいてきたことなど

攻撃すれば一番痛いのは自分

私は昔から、体力はあまりなかったせいか、一見すると 大人しく見られることは多かったのですが、気性はかなり激しいタイプでした。

 

そのため、自分と意見が対立する相手には、容赦なく攻撃して(あくまでも口で言うだけですが) 言い負かさないと気が済まないところがありました。

でも、根が単純なので、すぐに後悔するんですよね。

「きつく言いすぎちゃったな・・・」って。

 

そんなわけで自分はとても感情的な人間だと思って生きてきましたが、感情的というより、単に興奮しやすいだけなのかも、という気もしてきました。

 

喜怒哀楽はとてもはっきりしているのですが、人を恨んだり妬んだりといった、ネガティブな感情を引きずるようなことは一切ありません。

 

火山でいえば活火山!ドカーンと一発噴火すれば、あとはスッキリ!

でも、巻き込まれた人はたまらないですよね。

 

母が元気だった頃には、つまらないことで喧嘩することもよくありましたが、母は私と違ってわりといつまでも根に持つタイプ。

仲直りのために、母のご機嫌取りするのは大変でした。

 

こんな私でもだんだん歳を重ねるごとに、多少性格も丸くなってきたのか、過去に自分が言いたい放題言ってきた数々を思い出しては、心を痛めています。

 

直近の記憶では、やはり介護していた期間に、両親に言ってしまった、きつい言葉の数々です。

 

ただ、介護している以上、きつい言葉が出てしまうのは仕方ない、と自分をなだめてはいるものの、時折、ふっと思い出してしまうんですよね。

 

すると、心にグサッ!っとくるような痛みを覚えます。

 

たぶん、思い出さないように記憶の奥底に沈めていくこともできる気はするのですが、今はまだ風化させてはいけない思いのような気もするのです。

 

心にグサッ!っとくるような痛みを感じると、その後には「ごめんね。。。」という想いがこみ上げてきて、そうすると、その痛みはすーっと消えていく。。といったことの繰り返し。

 

今はまだ、これを何度も繰り返してしまいそうですが、私の心はそれでいいんだと言ってるような気がします。

 

これって、自分で自分を気が済むまで罰している、ということなのかもしれないなあ。

 

f:id:miyuyuchang:20201209201108j:plain

 いたたた。。

 

 


生き方ランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村