手術しない股関節症と親の介護ブログ

親の介護体験や 変形性股関節症 保存療法への取り組みに関する記録

自転車の乗り降りが困難になる 股関節症4年目

変形性股関節症発症4年目。2013年に入ると、自転車の乗り降りがとても困難になってきました。

 

乗って漕ぎだしてしまえば大丈夫なのですが、乗り降りするために片足を上げることができません。

 

特に、買い物をして帰る時には、すでに脚も疲れて痛みも出ていることが多く、ほとんど脚を上げることができず、自転車を引いて帰ることもよくありました。

 

「電動自転車にしてみたら?」

と、人からはよく言われましたが、漕ぐのが困難なわけではなく、乗り降りの際の脚が上がるか上がらないかの問題なので、電動自転車では解決できません。

それに、電動自転車は重すぎて、駐輪する際など とても扱いにくい気がします。

 

疲れていたり、気温の変化などにより脚が上がらない時には、まったく片足を上げることはできなくなりました。

 

自転車は、股関節症から11年経った今でも、乗って買い物などには出かけています。

 

f:id:miyuyuchang:20210527155416j:plain

 

今でも疲れていると脚の上りは悪くなりますが、自転車を引いて帰ることはここ数年しないで済んでいます。

 

脚を上げるまでに体勢を整えて、かなり時間をかけて乗ることも多いですが、なんとかなっています。

 

こんな状態で乗っているので、急ブレーキをかけて止まるような状況になるとかなり危険なので、スピードは出さないし、見通しの悪い所や狭い道は走りません。

 

他の自転車が来ると私はかなり端に寄っているのですが、道幅がすごく広い舗道なのに、私の横スレスレに走っていく人がけっこう多いのは、いつも何故なんだろう??と思います。

 

特に若い人が多いですね。横スレスレをかなりのスピードで走っていくので、こちらがバランス崩してしまいそうで、かなり怖いです。

 

しかし、よくよく考えると、脚が悪くなかった頃は、そんな走り方をする自転車が近づいてきても、別になんとも思ってなかった気がします。

 

脚が悪くなると、見える世界も感じ方も、いろいろ変わってくるものですね。

 

自転車にはいつもまで乗れるかはわかりませんが、次に買い替えるとしたら、低床フレームの自転車がいいかな、と考えています。

 

今乗っている自転車も古くなってきているので、早めに買い替えてもいいのですが、ある程度脚が上げられるうちは、なるべく今の自転車で鍛えておきたい気持ちもあるのです。

 

股関節症4年目には他にもいろいろな変化がありますので、続きはまた。

 

はてなスターは当面の間、非表示とさせていただきますが、フォローさせていただいている方のブログは、今まで通り見に行きます(^^♪

 

 


股関節症・股関節脱臼ランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村